24 レガシー シーズン 1 10話 ネタバレ 【キースがアルメイダの介入を検討!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:24 レガシー シーズン 1 9話はこちら

 

 

 

 

前回のエピソードでは、ジャダラがCTUから脱出し、同時に大統領候補者ジョンを乗っ取った。カーターが以前に恐れていたように、ナセリは自分が何をするために何をしなくても大喜びであることを証明しました。

 

 

 

そして、レベッカの夫がテロリストによって人質に拘束されたので、この出来事は、いつも静かでレベルの高い元CTUのディレクターにどのような影響を与えますか?

 

 

 

 

公式の概要は ジョンに関するジャダラの呼び出しが彼女の人生を要することができる意思決定にレベッカを強制すると述べています。テロリストは彼女に何を要求し、彼女の夫の生活のために彼女の国を裏切ろうとしますか?

 

 

 

 

このトレーラー は、少なくともジャダッラに会うことに同意すると明らかにしているが、交渉中に物事が南になると、テロリストを生き返らせないよう具体的な指導をしている。CTUの現在の責任者であるキースは、アルメイダに敵の領土に非武装となるレベッカの決定を知らせるために、彼自身の介入を行う予定です。

 

 

 

 

しかし、レベッカが彼女がジャダラに会うことに同意したフィールドがガソリンに浸かっていることが分かったら、物事は急速に酸っぱくなるでしょう。

 

 

 

レベッカはそれを生き残るでしょうか?そしてジャダラはレベッカの放棄と引き換えにジョンに戻そうとしていますか?そしてトニーは元の炎の人生を救うために何かを行うためにそこにそれを作るでしょうか?

 

 

 

その間に、以前にカーターに送られた求人CTUを発見した後、ニコールは、夫との関係の未来について夫に直面することを正当な理由で見つける。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク