華政(ファジョン) 47話 韓流ドラマ ネタバレ 【王の死刑執行命令を委任されたパク・ジュンギュはが父親を訪れるのを防ぐ!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 46話 韓流ドラマはこちら

 

 

 

司法機関である司法館に鄭候補(チョ・ミンギ)と洪明桓(チョ・ミンギ)彼らの知恵を使って、朝鮮王朝。

 

 

 

ジョー・ヨジョン(キム・ミンソ)は、仁祖(金ジェウォン)大統領に、裁判所の女性が自分の無邪気さを維持しながら殺害されたという嘘をついています。

 

 

 

しかし、洪正元(ホン・ジュウォン)は、ソチョン皇太子(ペク・ソンヒョン)の死に対する彼女の誹謗中傷を激しく払うと言います。

 

 

 

彼を助けるために清を尋ねるために彼のすべてのお金を使ってメッセンジャーを送った姜周泉はまだ自分自身を告白していません。

 

 

 

王の死刑執行命令を委任された大臣に任命された金龍(パク・ジュンギュ)は、皇太子(李敏鎬)が父親を訪れるのを防ぎます。ボンリムと丁明(チョンミョン)は何をすべきか分からりません。

 

 

 

金龍は、丁明(チョンミョン)や姜周泉(クム・ジュソン)をはじめとする皇太子に近い人々のテーブルを、奉林を訪問して次の王になりたいなら、彼の側にとどまるように提案する機会を見出します。

 

 

 

姜主宣(カン・ジュソンン)の予想とは対照的に、死の門に横たわっている王の空白の手紙は、王様を描いたすべての人々に衝撃を与えています。

 

 

 
「手紙の中で何を言いたいのか、私はこの部屋のすべての武装勢力を厳しく罰するつもりだ。これが私の最後の命令だ」インジョは激怒した声で叫びます。

スポンサーリンク