華政(ファジョン) 45話 韓流ドラマ ネタバレ 【王子を皇太子に宣言してもらいたいとインジョがはっきり言う!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 44話 韓流ドラマはこちら

 

 

 

弱い男である仁祖(キムジェウォン)は、金ヨンソ(キム・ミンソ)を見ても、力を失う恐れがあります。

 

 

 

サムサの関係者らは、ソン・ソンヨン(ペク・ソンヒョン)大統領の死亡事件を明らかにするために、武装して懇願しました。

 

 

 

完全な勢力で服を着たキム・ジャ・ジム(ジョ・ミンキ)は、暴動を鎮圧するよう命じます。

 
グランド・プリンス・ボンリムは激しく叫びます。

 

 

 

サムサとは何ですか? (ウィキペディアから)
三庁舎(三庁舎)は、朝鮮の3つの官庁の総称で、報道の主要機関として機能し、王と公務員に小切手と残高を提供した。これらは、査察官(忠興部)事務所、検閲官(佐賀院)、特別顧問事務所(弘文館)であった。

 

 

 

“あなたは間違いなくあなたの責任を支払うことになります!” 鄭明明(チョンミョン)妃殿下は鋭い警告を与えます。

 

 
イ・ヨンヒは、おそらく「ホジュン」を通して彼女の新しい側面を見せたいと思った。

 

 
彼女はまだ偉大な女優になるにはまだまだ長い道のりがあるのですが、私の見ているように彼女の演技は彼女の以前の作品よりも良くなります。

 

 

 

死人の希望に続いて、丁明(チョンミョン)と皇太子は、皇太子を皇太子と宣言するよう説得します。

 
一方、キム・ジャジョムは、王朝の不在時に趙J貞(ユ・ヨジョン)の息子が完全に投資される計画を立てています。

 

 

 

プリンセスの嘆願を聞いた後、インジョは宮殿に戻ります。

 

 

 

インジョーは、彼の演技はそれほど悪くないが、魅力的ではない。

 

 

 

彼は2002年に高校生としてテレビシリーズ「プロミス」に登場し、彼は「かわいい男の子」のイメージを持っていたので、ニックネーム「キリングスマイル」を取得しました。

 

 

「王子を皇太子に宣言してもらいたい」インジョははっきり言っています。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク