華政(ファジョン) 42話 韓流ドラマ ネタバレ 【カン・ウウは父の罪を払拭するために必死に戦う!】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 41話 韓流ドラマはこちら

 

 

 

丁明姫(李宜喜)、皇太子妃とその子供たちは、大林殿下(李敏鎬)のおかげで江華島に到着します。

 
朝鮮とホン太地(清王朝の皇帝)の島と南山の要塞の間に激しい戦闘が繰り広げられます。

 
国の軍隊が戦いを失い続けると、多くの人々はそんなに落胆し、多くの無実の人々が殺されます。

 

 

 

ソン・ソンヨン(ペク・ソンヒョン)は、キム・ジャ・ジム(ジョ・ミンキ)と自分たちの利益を考えている大商人を許さないことを決意します。

 

 
仁祖王(キム・ジェウォン)は、鷹と鳩の間で2つの意見を決定づけていません。

 

 

 

韓国軍と中国軍との戦争が全面的に行われているが、カン・ウウ(ハン・ジュウワン)は父の罪を払拭するために必死に戦っています。

 

 
砲撃隊は猫や犬を雨のために動力を失います。王とソヒョンは激しい敗北のニュースのために声の上に嘆いています。

 

 

 

インジョは涙を流すと、サムジョンドに行き、主権と主権の関係についての協定を締結します。皇帝の前に白い弓の男が地面に下ろして題材として提出を示します。彼は額を出血させて頭を地面に打ちます。

 

 
香港の二人の息子は香港太地の命令で人質に拘束されます。

 

 

 

これは「サムジョンドの屈辱」と呼ばれています。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク