華政(ファジョン) 41話 韓流ドラマ ネタバレ 【清朝から朝鮮に帰ったソヒョンは死んだと判明!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 40話 韓流ドラマはこちら

 

 

人々は、第二次戦争の噂を聞いて基本必需品を備蓄し始めます。

 
ソヒョンは人々の悲しみを抱くことができず、大声で叫びます。

 

 

 

丁明(キム・ジョンスン、趙成哈)を訪問した兄弟のために、鄭明明(キム・ミョンホン)大統領と大君商人が友情の手を広げるよう説得した次の戦争を止めるために清へ。

 

 
プリンセスとホン・ジュウォン(ソ・カンジュン)は、彼の発言が真実かどうかを問います。

 

 

 

清朝から朝鮮に帰ったソヒョンは死んだと判明し、鳳宗は玉座を継承し、1649年に仁城大王が死亡した17番目の君主国となりました。

 

 

 

チョ・ヨジョン(キム・ミンソ)はキム・ジャ・ジム(ジョ・ミンキ)の手紙を受け取り、現状から判断するようアドバイスします。

 

 

 

彼は嵐が来ていると感じているが、夜遅くまで緊急事態に対応していません。彼は、敵が待っている姿勢で国境を越えるようにします。

 

 

 

ボンリム氏は後に、彼がカン・ジュン・サンが語ったことを信じるのに十分なほど愚かであることを理解しています。

 

 
しかし王は悪い知らせに気を遣われているが、王室の子供や女性を除いて、ナムハンサンクに移動して必死に戦うように指示しています。

 

 
一方、インジョは、彼の最初の息子の愛によって深く感動しています。(彼の気分は非常に速く変化します。笑)

 

 
仁和は江華島に逃げず、満州軍に直撃された南漢山城に避難しました。要塞の韓国軍は、食糧や弾薬の不足に悩まされていたのです。

 

 

 

クラウンプリンセス、ジョンミョン、そしてその子供たちは王室に隠れて避難所に上ります。

 

 

 

高官が船を傍受したため、江華島へのフェリーで子供と女性が孤立しています。兵士たちは島に向かって急いでいます。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク