華政(ファジョン) 40話 韓国ドラマ ネタバレ 【ソン・ソンヨンは外交問題を解決して国民に大人気!?】

スポンサーリンク

 

 

前回:華政(ファジョン) 39話 韓国ドラマはこちら

 

 

 

仁祖王(キム・ジェウォン)は、被験者の懇願にもかかわらず、清朝の使節に会わないことを主張しています。

 

 

ソン・ソンヨン皇太子は、外交問題を解決して国民を困らせないようにします。

 

 

チョ・ヨジョン(キム・ミンソ)は、父と息子の間に悪い血を流し、インジョは自分の判断で行動した王子に吹き飛ばします。

 

 

 

インジョは朝條の最悪の王として有名であり、孫子が仁祖王であった孫祖を除いて、約500年間続きました。

 

 
彼は史実に基づくTVシリーズに示されているように、息子のような深刻な劣等感とリーダーシップの政治的無能力を持っています。彼はあまりにも弱く幼いです。

 

 

 

ソヒョンは王の指揮で代表と話をしていて彼は中国の古い線を思い起こさせます。「花の美しさは10日間続くことはない」非常に慈悲深い人に。

 

 

 

大使は、現実に直面するように若い男に助言し、彼の鋭い発言は彼の心に刺す痛みをもたらします。

 

 

 

彼は冷静です!
ペク・ソンヒョンは1990年代半ばに幼い俳優としてキャリアを始めたのです。

 

 
今、小さな男の子はハンサムな男だけでなく、劇的な俳優になっています。

 

 

 

クラウンプリンセスは、貞淑(チョンミョン)妃殿下に夫に父親を説得させるよう密かに頼みます。

 

 

 

ソヒョンは最後の決断に固執し、弱くて決意が薄い男が現実的な外交に従事するよう説得しようとします。

 

 

 

一方、インジョは、ヨ・ヨンの彼女に対するプロットのために、義理の本来の意図を誤って判断します。

 

 

 

特使は王と協定を締結したいが、故意に新鮮な血のボウルを吐き出します。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク