華政(ファジョン) 39話 韓流ドラマ ネタバレ 【キム・ミンソ大統領が皇太子と戦うためにヨルヨンを誘拐!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 38話 韓流ドラマはこちら

 

 

 

 

ソン・ソンヨン皇太子は、プリンセスが囚人を侵略軍に引き渡す政府軍を止めるなど、父親の政治的反対勢力と力を合わせています。

 

 
グランド・プリンス・ボンリムは、兄が飼い主に向かって動くと、彼は動揺するだろうと警告しているが、彼は何かについて意見を変えないだろうと警告しています。

 

 

 

仁和王の第二の息子であった大君宮(グンリムン)王子は、その後、朝鮮時代の17番目の王であった孝ジョン王となりました。

 

 

 

何十年にもわたって絶対的権力を握っていた姜周(キム・ミンソ)大統領が皇太子と戦うために、ヨルヨン(金ミンソ)を誘拐しました。

 

 
丁明(チョンミョン)はどうですか?プリンセスは奴隷として日本に行ったことは一度もなかったし、彼女はホンジュンと結婚したが、彼女はヒロインではありませんでした。

 
時には私のような歴史的に挑戦された歴史的事実に基づいて、テレビシリーズ、映画、または小説の歴史的歪みを心配していることがあります。

 

 

 

インジョは、後期秦朝のカーンからの手紙によって、朝鮮に中国大陸諸国の新たな支配力として来ている清朝に奉仕するよう頼んだ。 皇太子は怒りで震える拳を握ります。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク