華政(ファジョン) 38話 韓国ドラマ ネタバレ 【チョンミョンが国家の奴隷ではないと助言!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 37話 韓国ドラマはこちら

 

 

 

洪錫(ソ・カンジュン)と砲撃部隊は反乱軍と戦い、カンウィン(韓漢湾)と政府軍が宮殿に入るまで、フロンティア警備員の力を最小限に抑えるための攻撃に耐えました。

 

 

 

テウは丁明(チョンミョン)王女を脅かす危険性からタイムリーに逃げ出し、最終的に彼の部下に殺されました。

 

 

 

仁祖王(キム・ジェウォン)が危険な状況で臆病な行動をして元気になり、インモク女王(仁義淑)が無能な王様に侮蔑的な表情を呈しました。

 

 

 

インジョは、国のすべての人々が大いに賞賛する優雅な王であるという確固たる決意をしました。

 

 

 

パワフルな人たちは、彼らの欠点について書いて、いつものように他人を責めます。

 

 

 

王の決意にもかかわらず、彼は首都での安全を強化する必要があるとの見方で、ジャ・ジムの意見に甘んじて弱い立場を示しています。

 

 

 

鄭明明(チョンミョン)は、皇室の既婚女性として宮殿を出る前に、清国侵略への国境の防衛を強化していないということを利己的な人に批判し、彼が国家の奴隷ではないことを覚えておくよう助言します。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク