華政(ファジョン) 37話 韓流ドラマ ネタバレ 【ソ・カンジュンが斬首される!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 36話 韓流ドラマはこちら

 

 

 

鄭明明(チョンミョン)姫(イ・ヨンヒ)大統領は、エリート部隊の半数を派遣して国境を守るために、李承が新しい王位を守ろうとしていることを支持することを示唆しています。

 

 
その裏切り者は、彼女の要請に抗議しない限り、洪朱源(ソ・カンジュン)が斬首されることを脅しています。

 

 

 

丁明(チョンミョン)の髪
これは宮殿の既婚女性と役人の妻のための髪型です。彼女は以前よりも少し年上そうです。

 

 

 

仁義(キム・ジェウォン)王朝を説得して、朝鮮時代の朝鮮時代に一時的に役人を務める王子(ドウォンソ)を始めようとしている反乱軍に対する全面的な戦争。

 

 

 

王は自分自身と施設を救うために人々を犠牲にしなければならないので、夕暮れ地帯にいます。

 

 

ジュウォンと銃撃隊は、国境警備隊の損失を最小限に抑えるために、驚くべき攻撃をするために木々の裏側の待ち伏せで待っています。

 

 

この決定はドウォンソの野党と出会うが、カン・ウウ(ハン・ジュウワン)は友人の側にいることを決めます。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク