華政(ファジョン) 36話 韓国ドラマ ネタバレ 【ソ・カンジュンとチョンミョンが結婚式を挙げる!】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:華政(ファジョン) 34話 韓国ドラマはこちら

 

 

 

元警察長で武装勢力が勢いを増し続ける中、仁義(キム・ジェウォン)大統領は混乱し、幹部らは逃げる機会を求めています。

 

 

 

キム・ジャ・ジム(ジョー・ミン・キ)は、彼が行く人を審議し、インジョは軍隊を支配する完全な権限を彼に委ねるしかありません。

 

 

 

鄭明明(チョンミョン)王女は、国王が軍事隊員たちを守って、首都と国民を守ろうとしています。

 

 

 
プリンセスとの個人的な相談を受けた後、彼は人々の反乱に対して闘うことに決めました。

 

 

 

キム・ジャジョムとジョー・ヨジョン(キム・ミンソ)は、将来を計画するために王宮から逃げること以外に選択肢がないことを王に説得します。

 

 

 

風と一緒に揺れる葦は、彼らの決定に従い、国王に対する人々の信頼を裏切ります。

 

 

 

反乱軍が漢陽に到着する前夜、洪周恩(ソ・カンジュン)と鄭明(チョンミョン)は、結婚披露宴で非常に小さな結婚式を開きました。

 

 

 

李と彼の軍隊が軍のキャンプに襲撃すると、プリンセスは何も恐れなしで自分自身を示します。

 

 

 

スポンサーリンク