華政(ファジョン) 34話 韓流ドラマ ネタバレ 【チョ・ミンギがチェ・ミョンギルを疑い逮捕を命じる!?】

スポンサーリンク

 

 

 

鄭明明(チョンミョン)姫の告白について聞いたカン・ウン(ハン・ジュウワン)は、硫黄の専門家が自分の安全のために祈っている服の下に手紙を隠していることを明らかにします。

 

 

ソン・ジョンウォン(ソ・カンジュン)は、崔明明(カン・ミョンギル)に公権力の使用を提案し、恩正(ソンジョンジュン)の労働者が泥棒の状況を一般の人に知らせるために特別な公報で公表します。

 
キム・ジャジョム(チョ・ミンギ)は崔明明(チェ・ミョンギル)容疑者を疑い始め、重大なトラブルを引き起こす前に警察署長に逮捕を命じます。

 
税金を免除されている王家財産の借家者は、救済のために抗議をするために結束しているが、カンジュン・サン(チョ・スンハ)によって操作された乱暴な暴徒に襲われ、農産物の販売を拒否されている強力な商人によって独占されています。

 

 
ジュウォンの父親はポドチェンで働いていた将校を一貫して説得して丁明(チョンミョン)に証言し、彼は非常に高貴な理由に自分自身を託すことにしました。

 

 

 

首相と崔明明(チェ・ミョンギル)首相は、仁義(キムジェウォン)大統領が相手のスパイについて厳重に計画しなければならないと願っています。

 

 
キム・ジャジョムは、王朝の公爵夫人にヨルヨン(キム・ミンソ)の任命を撤回し、ポドチョンの指導者が彼の王冠を失いたくない場合には、名誉毀損の謝罪について謝罪します。

 

 

 

警察署長は、彼に罪を犯すのを嫌う共謀者に激怒しました。

 

 
丁明(チョンミョン)は、少女の過酷な扱いのせいで気絶したはんぷん(ヒョンスンミン)を何とか賞賛しています。

 

 

 

 

勝利のチャンスをつかむ彼女は、仁祖(金在院)の訪問をして、「私の番が来た!」と警告します。国の無資格リーダーを熱心に見ています。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク