殺人を無罪にする方法 シーズン2 15話 最終話 ネタバレ 【ケイレブが真犯人で自らの命を!?お金の行方は】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:殺人を無罪にする方法 シーズン2 14話はこちら

 

 

 

 

オフィーリアはアナリーズのウェルカムパーティーを開きます。

 

 

 

アナリーズの父親は、オリーフィアと問題のある関係を持っています。アナリーズのオフィスでは、チームは、デンバーが彼女を逮捕した裏切り者がいると疑って、デンバーが逮捕状を出したというニュースを扱わなければなりません。

 

 

 

そして、ローレルはフランクにウェスの父親がウォーレス・マホーニーであることを明らかにします。

 

 

 

オリバーはアナリーズの所在を追跡した後、ネイトはメンフィスに行き直接会います。

 

 

 

彼らは後で家族と一緒に夕食を食べ、アナリーズは父親と話したいとは思っていませんでした。翌朝、アナリーズがミドルトンに戻り、デンバーと会って、ケレイブが連鎖的な殺人者であることを明らかにしました。

 

 

 

ケレイブのフィットネストラッカー(ケレイブがヘレナハプストール、フィリップの母親を殺したことを示す)とキャサリンの証言からのデータを含む、ウェスのアパートで彼女自身が彼女に与えたフィリップのUSBフラッシュドライブからなる証拠によると、ケレイブと恋をして、自分たちの富を継承するために里親を殺した疑いがあります。

 

 

 

警察がカレブを探し始めると、彼は自殺します。その後、オリバーはスタンフォードからの承認を確認した電子メールを削除します。

 

 

 

ボニーはフランクが何をしたのかを公表することを明らかにしました。ローレルはフランクのアパートを訪れますが、彼はすでにお金のスーツケースを…

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク