殺人を無罪にする方法 シーズン3 7話 ネタバレ 【ウェスがウォレスの殺人事件で嘘の供述をした!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:殺人を無罪にする方法 シーズン3 6話はこちら

 

 

 

ウェスは、ウォレスの殺人事件について警察と話をしました。と彼は現場でウォレスの息子チャールズを見たと主張しました。アナリーズは嘘であると彼に激怒します。

 

 

 

授業では、不妊中毒で母親を殺すための陰謀で告発された兄弟姉妹の事件を取り上げました。3人のすべての大人の子供たちは明らかに母親を嫌っていたが、彼らは無実だと主張しました。

 

 

 

中期的にAと引き換えに、代わりの容疑者を見つけることを学生に任せました。しかし、アッシャーが食料雑貨店の従業員を示唆する電子メールを見つけた後、娘は彼女のボーイフレンドであると告白しなければならず、メールが彼女に送られました。

 

 

 

 

この中で、ウェスとローレルは、フランクが町に戻ってきたことに気付かず、秘密裏につながり続けていたが、実際には彼女のアパートにいました。アナリーズとボニーも気付かず、引き続き秘​​密保持を続けました。

 

 

 

一方、オリバーは、HIV陽性のためトーマスとの関係を次のレベルに引き上げることについて不安を抱いていました。

 

 

 

 

会合で、アナリーズはソラーヤの子供たちと一緒に酔って運転し、保護を失うという話を聞きました。アナリーズは彼女の正直さによって明らかに動かされましたが、ソラーやがウェスについて尋ねると、冷静に行動しました。

 

 

 

彼女のために家族の弁護士を推薦することによって後で謝罪した。

 

 

 

チャールズがアリバイを持っていたことが明らかになったとき、彼らはアナリーズに怒り、不満を訴えました。

 

 

 

その後ウェスはネイトの警告についてアナリーズに語り、警察に嘘をついたことを謝罪しました。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク