殺人を無罪にする方法 シーズン3 3話 ネタバレ 【ミカエルがトビーからお金を盗んだ!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:殺人を無罪にする方法 シーズン3 2話はこちら

 

 

 

 

まだ家を再生しているネイトは、フランクに行方不明者の報告書を提出したかったが、アナリーズは彼女がそれを「扱っている」と言いました。

 

 

 

大統領はアナリーズに「ロープロファイル」を守るよう言いましたが、彼女は新しいケースではそれが難しいと言いました。

 

 

 

クラスはケーストライアル中に事件に参加しなければならず、ミカエルはその責任を主導するためにボランティアを行いました。

 

 

 

トワビーは証拠を隠していると非難して防衛を準備する時間がなかったことを裁判所で抑止しようとした恐ろしい評判をしました。

 

 

 

 

証拠は女の子の死体の写真です。ミカエルは前進するにはあまりにもうんざりしていたが、選択肢がありませんでした。

 

 

 

 

ボニーは、アナリーズが長年の「悪い行為」をしていたことを報復と呼んで、拒否しました。オリバーはトビーが銀行から20万ドルを押収したことを知り、前弁護士によって脅迫されていると主張しました。

 

 

 

 

ボニーは、自分の過去のために被害者とのつながりを感じて、今後のためにアナリーズの良い報道を受けるべきだと言い、あるいは彼女は少なくとも匿名のチップを呼ぶことができると言いました。

 

 

 

 

 

一方、アナリーズはローレルにマイアミで父親を見に行きました。彼女は電話を叩いてフランクを見つけるのを助けに来たことをよく知っていました。

 

 

 

 

ローレルの父親はフランクを見つけたと主張していたが、法的文書に署名することに興味を持ちました。酔っていたフランクは、後にローレルに呼ばれ、彼女のために落ちることはなかったと言いました。

 

 

 

翌日、彼女はフランクの所在地に関する情報と引き換えに、父親に署名した書類を提出しました。

 

 

 

ボニーはトビーのお金を盗んだミカエルと対峙し、彼女はそれを返還しました。アナリーズは、逃亡者の失踪を解決して報道されました。ローレルが町に戻ったとき、彼女はフランクに何の情報も得ていないと主張して、アナリーズに嘘をつきました。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク