殺人を無罪にする方法 シーズン3 2話 ネタバレ 【大統領がアナリーズを称賛している!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:殺人を無罪にする方法 シーズン3 1話はこちら

 

 

 

アナリーズは、民間の調査官を殺すことについて泣いているフランクからボイスメールを聞きました。フランクを見つけるのを助けるためにネイトに匿名を告げたが、彼女がなぜ彼を怖がっていたのかを明らかにしませんでした。

 

 

 

ボニーはまた、ローレルがフランクに電話していたことを発見し、彼女はそれを “世話する”と語りました。

 

 

 

大統領はアナリーズに、「殺人者」のポスターを探していて、彼女の法律診療所を称賛したと語りました。

 

 

 

ウェスのガールフレンド、メギは、ポスターでポーズを取った後、怒ったが、ローレルは彼女が秘密裏にいたのか疑問に思いました。

 

 

 

彼女はまた、フランクがウォレスの殺人容疑者であることを心配していました。

 

 

 

クラスの新しいケースでは、数年前に身体的および性的虐待の年を経て夫を殺害したとして有罪判決を受けた高齢の女性のために仮釈放を受けなければなりませんでした。コナーは事件の先導権を獲得しましたが、学生は彼を真剣に受け入れていませんでした。

 

 

 

 

最初の聴聞会で、なぜ女性が夫の虐待を前に知らなかったのか疑問を呈しました。コナーは、彼らが虐待者を擁護しているように見えることがますます怒ります。

 

 

 

クライアントを説得するために、コナーは私的にも誰かを殺害することを告白しました。アナリーズは彼と他の人を守るために働いているので、彼を怒らせ、コナーに口を閉ざさせるように言いました。

 

 

 

一方、ボニーはローレルにフランクへの電話で出会ったが、彼女はライラを殺したにもかかわらず彼女が彼を愛していたことを認め、ボイスメールを残すと告白しました。

 

 

 

ネイトがフランクを追うことができなかったとき、彼は来てアナリーズのボディーガードになると言いました。彼が到着する前に、ウェスはやって来ましたが、アナリーズは必要がないと言いました。

 

 

 

それでも、彼らはローレルについて話し終わりました。ウェスは彼女が信頼できると主張します。

 

 

 

アナリーズとボニーは、フランクが戻ってくることを望んでいると主張して、彼が町に戻ってくることを懇願しているボイスメールをフランクに残しました。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク