殺人を無罪にする方法 シーズン3 10話 ネタバレ 【ウェスを殺したのはアナリーズ!?それともフランク!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:殺人を無罪にする方法 シーズン3 9話はこちら

 

 

 

 

ウェスの剖検が行われたときにアナリーズは刑務所に移されたました。ボニーは、ウェスは火事の前に死亡し、ローレルはフランクがそれをしたと確信していました。

 

 

 

彼はそれをボニーに拒否し、マオネイスに指を指して、ウォレスの息子であることを知ったと確信させました。

 

 

 

ミカエルのお母さんは別れを告げずに退きました。ネイトはアトウッドと彼の上司に上司に連絡を取り、アナリーズを訪問することを避け、オリバーはアナリーズの電話を出なかったとコナーに語りました。

 

 

 

アナリーズは刑務所で眠ることも食べることもできませんでしたが、最終的には彼女の仲間の前で彼女の尊厳と怒りを放棄しました。

 

 

 

フランクは警察の電話記録と引き換えに警官を払って、サムの妹、ハンナからの電話を発見しました。彼女は警察に警報を発していると確信していたのです。

 

 

 

 

聴聞会では、検察は保釈なしと頼んだが、ボニーは彼らに源を明らかにするよう促しました。ハンナはそれを認めて、ハンナの偏見を指摘することができたまし。

 

 

 

裁判官は考えられる原因の追加的な証拠を要求しました。アトウッドは、他の犯罪のためにアナリーズを調査しており、ウェスに対する免責について交渉中であると明らかにし、アナリーズは彼が契約を締結する前に彼を殺したと主張しました。

 

 

 

 

それを受けて、裁判官はアナリーズを審判まで保釈なしに拘束することを要求した。

 

 

 

 

コナー、ミカエル、アッシャーはローレルを訪れ、コナーはアナリーズの無実を疑います。

 

 

 

アッシャーはコナーを非難し、ローレルは赤ちゃんがウェスの子であると告白しました。

 

 

 

コナーが激しく妊娠中絶を命じると、アッシャーは彼をノックアウトしました。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

スポンサーリンク