殺人を無罪にする方法 シーズン3 1話 ネタバレ 【ウォレスを撃ったのはフランクと判明した!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:殺人を無罪にする方法 シーズン2 15話はこちら

 

 

 

ウォレスが射殺され警察に話し始めた後、アナリーズによって迎えに来るところから始まりました。

 

 

 

その後、フランクはウェスを父親の事務所に連れて行って、アナリーズのアイデアであり、「バックアップ」のためにそこにいたと主張していました。しかしウォレスを撃ったのはフランクだったのです。

 

 

 

彼は彼女のためにそれをやっていた、ずっと前に彼女の赤ちゃんの死を引き起こして償いをします。今、彼はそれらを両方とも間違ってしまったのです。

 

 

 

 

4ヵ月後、キーティングファイブはアナリーズの新しいクラスで再会しました。このクラスは、学生が自らの事件やクライアントを担当する弁護士の弁護士となる刑法法律学院です。

 

 

 

しかし、壁に書かれたポスターが「殺人犯」を告訴したと見なされたとき、物事は厄介なものになりました。

 

 

 

 

オリバーはコナーのスタンフォード受諾書を削除したことをアナリーズに告白し、現在は彼女と一緒に仕事をしたいと思ってと告白しました。彼女はコナーに、特にハッキングスキルのために彼を雇っていると話しました。

 

 

 

コナーは惜しみなくオリバーに祝福を与えます。

 

 

事件に関して、ローレルは、その薬物が実際にカリスムスではなく、実際に彼の娘を保護していたことを発見しました。

 

 

 

しかし、裁判官の前に行くチャンスを獲得したウェスは、カリムが「良い人物」であったと主張し、15人の友人と隣人が彼の「良い市民権」を証明することを望んでいると主張していました。

 

 

 

ミカエラは、有罪を訴えることが移民としての法的地位に影響を及ぼすと警告されていないため、彼の薬物裁判で弁護人となりました。アナリーズは、告発を軽犯罪に変え、カリムがその国に留まることを可能にする新しい嘆願書を確保しました。

 

 

 

しかし、カリムが犯行を告白したと認めた時、裁判官は完全性に疑問を呈し、追放を命じたのです。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク