女王ヴィクトリア シーズン1 2話 ネタバレ 【メルボルンは辞任しなかった!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:女王ヴィクトリア シーズン1 1話はこちら

 

 

 

ホイッグ首相ロード・メルボルン彼が議会で必要な権限を持たないと言って、彼は辞任しなければならない発表しました。ビクトリア州はウェリントン公に新たな政府を形成するよう求めているが、彼は辞任して、彼は再び首相になるには年をとっていると言っている。

 

 

 

彼は代わりに、彼女が不本意ながらトリーの指導者ロバート・ピールを招待することを示唆している。しかし、ピールは、4人がホイグ牧師と結婚してトイズの妻たちに取って代わられるので、彼女が寝室の女性の一部を却下したという条件にのみ同意します。

 

 

 

女王は女性が政治家ではなく親密な友人であると考えているので、女王は拒否します。これは危機につながります。メルボルンは、君主の気まぐれで統治して英国憲法を傷つけることはできないと主張しているが、最終的には首相に就任し、滞在する。

 

 

 

一方、ビクトリアの母親、ジョン・サーと彼女の叔父であるカンバーランド公爵は、祖父の狂気を継承したと信じさせることによってビクトリアの力を制限するリージェンシーを計画している。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク