ブラックリスト シーズン3 6話 ネタバレ【世界中の天才たちが誘拐されている!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ブラックリスト シーズン3 エピソード5はこちら

 

 

 

今回のブラックリストのエピソードは、麻痺しているか、何らかの病気を抱えていると思われるDr. クセラに始まり、車椅子に座っている間に別の男に罵倒されている。

 
その間、リズ、デンベ、レッドは飛行機に乗っており、彼女はデンベの傷を負っている。

 

 

 

レッドは、世界の「偉大な心」の1人であるアンダース・ハルミが拉致されたことを明らかにしています。

 

 

 

レッドは誰かが世界中の天才を誘拐していると言います。

 
クーパーは食堂でトム・キーンと出会い、クーパーはロシアを殺したことをうれしくはない。トムは、彼はカラクートの甥だった彼は選択肢がないと説明し、彼は近づいている。

 

 

 

アラムは、アーリントンに住む女性である次の「脳ドレーン」犠牲者を見つけたと考えています。一方、すでに彼女の家の外にいる人が彼女を連れて行く。誘拐された人はパートナーに「彼女を抱きしめて、タグを付け、雲に連れて行く」と告げる。

 

 

クセラは脳移植を受けた別の犠牲者を見てしまう。

 
FBIの事務所では、ディレクターは代理人の一人に、彼が出発した後のレスラーのファイルすべてにアクセスするように指示します。レスラーとサマルは次の被害者の家に向かいます。

 

 

 

博士はサマールからボイスメールを受け取り、すべてのドアをロックし、彼女が危険にさらされていることを警告します。

 

 

 

誘拐犯は博士がテーブルの下に隠れているのを見つけ、彼女を家から引きずり出す。レスラーとサマルと地元の警察は青いバンで追いかけます。通りの真ん中で戦闘が続いています。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク