ブラックリスト シーズン3 21話 ネタバレ【スコッティがレッドを狙う!しかしデンベが助ける!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:ブラックリスト シーズン3 エピソード20はこちら

 

 

 

今回のブラックリストのシーズン3 のエピソードでは、スコットがサミュエルというクライアントに話を聞いて開きます。彼女は武装した傭兵を雇う契約を結んでいることを彼に確信させます。

 

 

 

レッドはローレル・ヒッチンがブラッドリー・クラークという男と会合を手配するようになります。

 

 

 

彼はスコットの注意が必要だとブラッドリーに伝えます。ブラッドリーは彼にこう言います。「スコットが私よりも注意を払う人はほとんどいません」とレッドは言います。「はい、私はそれを信じています」彼はブラッドリーを撃ちます。

 

 

 

 

レッドはサミュエルを自宅で見つけ、サミュエルとスコットの契約について聞くように銃を突き付けます。

 

 

 

トム・キーンは、より多くの情報を得るためにアマンダという女性との日程を計画しています。アラムはアマンダのノートパソコンから上司の情報を得るために使うことができる情報を彼に与えます。

 

 

 

 

 

トムとアラムは、スコットの電話の1つをベンジャミンという男と一緒に聞きます。彼女は会社間で物事を正しくするためにレッドを殺すよう提案します。彼女は今レッドに出会う途中だと言います。

 

 

 

スコッティは空港に到着します。デンベは彼女を見て、レッドに彼女がいることを伝えます。トムはレッドと呼んで、トラップだから空港に行かないようにと言います。

 

 

 

レッドは空港に入ります。スコッティのために働く男が銃を持ち、階段を下っています。

 

 

 

レッドは男性がスコットが待っている倉庫にデンベを運転させている。デンベはスコッティのガードをすべて撃ち、彼女に武器を落とす。彼女はレッドに面している。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク