ブラックリスト シーズン4 8話 ネタバレ【カークがレッドを薬物を使って拷問している!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ブラックリスト シーズン4 7話はこちら

 

 

ブラックリストのシーズン4のエピソード8は、アレクサンダー・カークが病院に入るために働いている人々のグループと共に始まります。エリザベスは、クーパーに近づいてくる攻撃について警告します。

 

 

 

トム・キーンは警備員を入院させようとしているが、誰も入院させないように指示しています。カークのチームは病院内で爆発を起こしました。

 

 

 

緊急待機チームがカークのために働いていて、彼らが武装していることが判明しました。

 

 

 

 

カプランの拉致被害者はレッドとデンベの写真を見せて、どうして彼女を守っているのか尋ねます。

 

 

 

 

 

レッドはカークを呼び出します。カークはレッドに公園で会うよう伝えます。デンベはレッドに、カークは何があってもリズを殺すだろうと警告しています。

 

 

 

デンベはレッドと公園のベンチに座っています。車が到着します。

 

 

 

カークはレッドを椅子に座らせます。レッドは命を救うことができ、治療法があると伝え注射器を並べます。

 

 

 

デンベとトムはルシルを誘拐し、元患者のショー博士はレッドについて語った。彼女に何が欲しいのか尋ねと彼らは彼女の血液検査だけが必要だと伝えます。

 

 

 

 

エピソードの終わりに、レッドはリズの家を訪れ、カークはなくなっていると彼に伝え、それは終わりました。

 

 

 

彼はアグネス・キーンを抱えている。リズは彼にこう言います。「私はお父さんに成長するのを見て欲しかったのです。」

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク