ブラックリスト シーズン4 11話 ネタバレ【リズが潜入捜査でキスされる!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ブラックリスト シーズン4 10話はこちら

 

 

 

ブラックリストのシーズン4の11話は、ハレムが強盗を引き離すことで知られているグループと一緒にいるところから始まります。彼らは倉庫で出会い、自動車の中で宝石類を密輸しているのを見ます。

 

 

 

レッドはザックという男と出会います。彼はビジネスチャンスのために現金資金を要求します。彼はザックをリズに紹介します。

 

 

 

レッドはハレムが証人保護プログラムの全員のリストを盗んで危険にさらしたいと計画している。彼は捕まえる唯一の方法は、リズが潜入していることを示唆しています。

 

 

 

 

リズはハレムのリーダー、マルゴット・ロシェットと会います。彼女はグループに参加したいと言い、彼女の専門は人が何をしたいのかを理解するために人を読むことです。

 

 

 

 

マルゴットとリズは、FBIとの取引と引き換えに、リズの泥棒資格を保証するレッドの仲間であるクレイグと話をします。

 

 

 

マルゴットは、クレイグがFBIと契約を結んだことを知っているので、リズに彼を撃つように言います。リズは、マルゴットが気にするべきことは忠誠心であり、リズは一緒に働く男を撃つことはないと言って、それを拒んだのです。

 

 

 

 

 

マルゴットはリズとエマをミッションに一緒に送ります。彼らが運転している間、エマはレッドが頑張っていることをリズに伝えます。

 

 

 

リズはハレムと飲みに行きます。彼女がトイレに行くと、マルゴットは彼女を見つけキスしようとします。

 

 

 

 

翌日、グループは強盗計画を進めます。リズとエマは、計画を立てるためにバー出待ちます。リズは前夜に彼女を守ってくれたエマに感謝しています。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク