ピウス13世 美しき異端児 シーズン 1 8話 ネタバレ 【ボイエロがアントニア姉妹の携帯を没収!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ピウス13世 美しき異端児 7話はこちら

 

 

 

レイニーはプールの中で水中でデュソリエを祈っています。彼は教皇の夏の住居でリラックスして気を散らすが、メアリー姉妹は彼女のプロテスタの死を公然と嘆いています。

 

 

 

枢機卿マリヴォーは1980年に白血病で亡くなった若い女の子、祝福されたフアナについてレニーに語ります。グアテマラに敬遠されているフアナは聖人とみなされます。マリヴォーは、マドンナについての彼女の話を聞いた後、多くの終末期の子供たちが回復したので、彼女は正式にふさわしいと示唆しています。

 

 

 

メアリー姉妹はレニーにやって来て、中絶を容赦しないようにする彼の決定は、世界中の彼に対する急進的な抗議を解き放ったと伝えています。

 

 

 

「私は休暇で快適な人ではない」 – レニー・ベラルド

 

 

 

教皇の命令で、ソフィアは夏の土地に到着します。ソフィアはアントニア姉妹の最初の善良な村の30周年を祝うためにアフリカへの旅を提案しています。彼女はまた、彼の好きな作家、エルモア・コーエンがローマで休暇中で、聴衆に興味があると話しています。

 

 

 

レニーのヘリコプターはバチカンに戻ってコーエンと話をします。レニーは作家を維持し、布の男性は妥当性を維持するために謎に執着して同じです。セックスと愛についての2つの話、そしてコーエンが粗悪であることについて謝罪したとき、レニーは彼の職業が彼に罪と対峙する資格を与えていると言います。

 

 

 

「あなたの人生、あなたの教皇は忘れられない冒険です」 – マイケル・スペンサー枢機卿

 

 

 

スペンサーはレニーに医者が何か間違ったことを発見したと言いますが、どういうことはよく分かりません。スペンサーは、自分自身を含むすべての聖職者が、ある時に信仰の危機を経験したことを明らかにします。

 

 

レニーは、彼が教会の信仰をどのように元通りに戻すことができるかを尋ねます。スペンサーは彼に「ヴェネツィアに行き、2つの空の棺桶を埋める」と勧めます。

 

 

 

聖ペテロの広場で大衆を演じるレニーは、忠実な人たちに次の日曜日に彼の旅行計画のためにそこにいないことを伝えます。報道によると、報道機関は報道陣に報じ、ソフィアは笑っています。

 

 

 

アフリカに向かう途中、ソフィアは質問をしのぎ、法王が飛行機のプレスに話しかけないことを明らかにします。ブラッシュ・アメリカのジャーナリストは、飛行機の区切り線で彼女の質問を叫ぶのです。大司教によって脅迫されているので、教皇はクルトウェル問題を避けているのだろうか?

 

 

 

ボイエロはまず、アントニア姉妹に、法王との会合の前に彼女の携帯電話を押収するように訴えます。傷害に侮辱を加え、彼は彼女の息を呑むようなミントを手渡す – 教皇の礼儀。レニーは車の中から村を巡り、官僚、兵士、ギャングが安全な飲料水をハイジャックしたと言われています。

 

 

アフリカの司祭に告白したレニーは、彼の重さを測っている世俗的な罪を認め、彼が怒っていると信じています。エスターとピーターは別れを告げることなくバチカンを去ったのです。

 

 

 

彼が償いを求めるとき、司祭は彼の手助けを頼んでメモを書きます。アントニア姉妹は清潔な水を隠し、それを使って彼女の追従者をコントロールします。

 

 

 

夕食のとき、教皇はアントニア姉妹に直面し、彼女が良い人かどうか尋ねます。彼女が躊躇したとき、レニーは訪問理由を明らかにします。「私はあなたを敬うためにここにいると思う?実際、私はあなたの誘惑を確かめるためにここにいます。

 

 

 

教皇は夜中に目覚め、落ち着きません。彼は荒廃した村をさまよい、窓のガラス板から結露を舐める少年の少年を捕まえます。

 

 

 

“私は、一方で、平和があるまで神についてあなたに話しません。神は平和だから。そして平和は神です」 – 教皇ピウス13世

 

 

 

彼の出発時に、教皇はアフリカの人々に話し、彼らが直面している逆境を利用する人々を告発します。彼は感動的な演説をします。レニーは静かに帰還飛行機の飛行機のプレスセクションに入ります。目を覚ました唯一のジャーナリストが彼の言葉が美しいと保証します。

 

 

 

レニーは、ナポリからローマまでのドライブの最寄りのガソリンスタンドで止まるように頼みます。彼は激しく祈り始め、アントニア姉妹についての答えを求めています。アフリカでは、アントニア姉妹は激しい心臓発作に苦しんでいます。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク