ピウス13世 美しき異端児 シーズン 1 5話 ネタバレ 【スペンサーとデュソリエがキスをしていた!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ピウス13世 美しき異端児 4話はこちら

 

 

 

レニーとトマソは星の中で神を探します。神が人間に対する信仰を失ったと判断した後、レニーはトマソに革命を起こそうとする彼の意志を伝えます。

 

 

 

エスターは妊娠することが必死で、彼女のブラウスをはずし、レニーに奇跡を実行するように頼みます。教皇の手が胃の上に座っていると、彼女は雹メアリーを暗唱します。

 

 

 

エスターは残りのブラウスをはずし、レニーの手を乳房に置く。離れてボニエロと写真家が写真を撮ります。レニーは愛があまりにも痛いので、エスターに司祭になったと伝えます。

 

 

 

若いレニーとデュソリエは孤児院の門を拡大して逃げ出します。メアリー姉妹は彼らの後を走り、レニーのパイプが地面に落ちた門のところで止まります。

 

 

少年達は保護者の家の窓の中に仲間入りし、病気の母親を世話する少年を見ます。彼の両親を見つけようと決心したレニーは、デュッセリヤが元に戻ろうとしても歩いています。

 

 

 

再び男の子のように行動し、レニーとデュシェリエは、今度はバチカン市国から逃げ出します。メアリー姉妹は、教皇がなくなったことを知り、ヴォイェッロに助けを求めます。

 

 

枢機卿の枢機卿は、修道女に、レスターのエスターとの無差別の証拠を持っていると言いますが、メアリー姉妹に写真のフラッシュドライブを渡すので、彼はレニーの愛についてエスターに話しました。

 

 

 

「私が理解していることについて話したいだけです」 – レニー・ベラルド

 

 

 

ローマでは、レニーとデュッセルドルフはホテルのコンシェルジュにタバコを頼みます。彼らが待っている間、売春婦はレニーと目を向けるが、彼の目は「神の存在を証明する」と主張しています。

 

 

 

デュソリエは孤児院の管理人の家に言及しているが、レニーはそこで何が起こったのかは話し合わないです。レニーは、デュシェリエに聖職者のための会見所長に尋ねます。静けさの瞬間、デュッセリエはレニーの母親がどのように見えたかを覚えていると認めています。

 

 

 

レニーはヴェイエッロへの自信を裏切ったグティエレスを許しています。彼はまたアルコール依存症のショッキングなグティエレスであることを彼に許すのです。

 

 

 

“私は若い教皇です。私はコンセンサスに株式を入れなかった」 – レニー・ベラルド

 

 

 

レニーは、彼が再び両親を見ることができない場合、男の子は問題ではないので、彼が実行した奇跡をメアリー姉妹に告げるのです。ヴェイエッロはレニーに贈り物を提供し、ニューヨークにグティエレスを送ることを再考するように頼みます。

 

 

 

ボニエロの驚きに、レニーは彼がすでにボニエロが隠していたすべての秘密を知っていることを明らかにします。レニーのようなヴォイエロのパニックは、彼に仕掛けられないと彼を叱責します。

 

 

 

教皇のティアラが到着すると、レニーは枢機卿に対処することに決めました。中世のローブで飾られ、彼は壮大な行列と彼のオープニング、 “ノックノック”ジョークとの集まりに衝撃を与えます。

 

 

 

誰もそこにいるわけではない、ピウス13世は言います。「私たちは神のためにいるが、神のためだけだ」と彼は説明するのです。教会はもはや開放的で寛容ではないと警告しています。恐ろしい枢機卿が提出します。スペンサーとデュソリエが最初にキスしています。

 

 

 

園の中で、エスターは彼女の罪を教皇に告白しようとしますが、彼女は彼女に神だけに告白するように言います。彼女は自分の奇跡を感じ、レニーは彼もそれを感じると言います。

 

 

 

彼の枢機卿に挟まれて、教皇はペトラを訪問します。「今回の訪問の理由は、あなたがボールを破ったことです!」

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク