ピウス13世 美しき異端児 シーズン 1 1話 ネタバレ 【ローマ法王レニー・ベラルド誕生!】

スポンサーリンク

 

 

 

新たに選出された47歳のローマ法王レニー・ベラルドは、悪夢から目を覚まし、教皇のアパートで朝の日課を過ごします。

 

 

 

朝食時には、古い尼僧が、彼女の前にいるよりも非公式にローマ法王に近づきます。彼女は過去3人の教皇の個人シェフを務めていたので、親密感を感じます。

 

 

 

彼は親切にこれを取っておらず、混乱する可能性があるので、彼が非公式の関係のファンではないと言います。この最初の交際で彼女の心が壊れ、彼女は悲しみに退くのです。

 

 

 

枢機卿のグループは、ベラルドの若さと、アメリカからの彼の存在がどのように教皇に興味深い角度を付け加えるかについて話します。

 

 

 

彼らは実際にショットを呼んでいるかどうか、彼の師匠、マイケル・スペンサー枢機卿がどのように彼の任命のニュースを取っているのか疑問に思います。

 

 

 

“私の唯一の罪 – それは巨大なものです – それは私の良心が私に何かを非難するものではありません”

 

 

 

レニーは告白に行き、彼は司祭のドン・トマソに、彼は告白することは何もないと伝えます。

 

 

 

レニーはバチカンのヘリポートで誰かを神経質に待っています。少年としてレニーを気遣ったメアリー姉妹は、ヘリコプターから出てきます。

 

 

 

彼女がレニーのために孤児院に到着し、メアリー姉妹が彼を挨拶するという、幼少時の記憶を引き起こすのを見る。彼はブライアーパイプをつかんでいました。

 

 

 

彼は彼の父親が彼といつも付き合ってくれたと説明しました。レニーはまだ同じパイプをヘリパッドに持っていて、もう少し身に着けて欠けています。レニーはメアリー姉妹を彼女のアパートまで歩いています。彼女はレニーに教会での彼の新しい役割についての励まな話をするのです。

 

 

 

 

「今、新しい教皇がいる」 – レニー・ベラルド

 

 

 

バチカンの国務長官であるヴォイェル枢機卿は、レニーに、彼の最初の家庭生活を取り巻く懸念があると述べているが、彼は聖体拝領のための演説を起草しています。しかし、レニーは、ボイエロが個人的に彼にアメリカコーヒーのカップを作って、それ以上問題を話し合う前に尋ねます。

 

 

 

ボイエロは遵守し、彼が親切に戻ったとき、レニーはプッシュバックして、後でそれについて話し合うと言います。ヴェイェッロは教皇の特別なアシスタントの役割を持ち出し、レニーはメアリー姉妹にそれを受けさせたいと言います。

 

 

 

レニーがシガレットを照らすと、会議はさらに緊張します。ボイエロはそれに反対します。レニーは枢機卿に彼自身のやり方を思い出させるのです。

 

 

 

 

ヴェイェッロは別の司祭であるアマチュッチに、レニーの弱点、過去の裁判、苦難と罪を調べるための調査を行います。

 

 

 

レニーはドン・トマソに自信を持って、他の司祭を恐怖にする考えを神を信じないと認めています。レニーはすぐに拒否し、彼は冗談だと言うが、明らかにトマソは懐疑的です。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク