ハウス・オブ・カード シーズン4 4話 ネタバレ 【フランクが撃たれて騒然に!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ハウス・オブ・カード シーズン4 3話はこちら

 

 

 

このエピソードが政治的戦略で脅かされるようになったちょうど – クレアとフランクの継続的な賛同声明、オペレーション威圧的なロシア大統領ペトロフ – フランクアンダーウッドの執行が撃たれる。

 

 

 

この効果はチェスの試合に銃を持たせるようなものです。それはすぐに最初の鈍いエピソードに緊急性と危険感を追加します。フランクが再び彼の支配力を主張しようとしていることを示唆する方法で、シークレット・サービスによってロックダウンされたクレアが事件を最初に電信送付する方法は、かなり効果的です。

 

 

 

しかし暗黙のうちに、暗殺の試みの導入は、少し必死になり、潜在的にフランク・アンダーウッドの墜落を目撃するのを待っている人のための悪い予兆のように感じる。

 

 

 

 

エリザベスは、「彼が死ぬことを願っています」と言いました。おそらく聴衆のために話し、娘の内なる声をもっとも確実に表明しています。クレア(ロビン・ライトは彼女がカメラの背後で働く4つの今シーズンのうちの1つこのエピソードを監督しました)が、彼女がこれを言うとき、彼女の母親に怒りの失望の表情をちらっと見せます。

 

 

 

しかし、おそらくクレアは、彼女が母親の同情の欠如にあると同じ考えを持っているため、自分自身に失望しているのかもしれない。

 

 

 

 

フランクが撃たれる前に、フランクのキャンペーンマネージャーになるためにダグの透明な提案を断るリーンは、クレアの代理人にメッセージを送っています。常識やポーリングの数字は、彼女は彼女が離婚を求めていると発表します。

 

 

 

突然、ファーストレディーは大統領を再びバレルに乗せた。それから、ニュースは彼が撃たれたことを破り、それはすべてを変える。彼女はトラップされた:簡単に、ダラスの彼女の家では、おそらく残りのファーストレディに。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク