ハウス・オブ・カード シーズン4 2話 ネタバレ 【クレアがリアンを守るお金を調達した相手は意外な人物!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ハウス・オブ・カード シーズン4 1話はこちら

 

 

 

挙は手続きを支配、フランクは、まだ実行するために管理しています。外交は、ロシアとプーチン大統領のプレスト・ペトロフと再びトラブルを引き起こしている。

 

 

 

ペトロフは異議申し立て人を騒々しく砕いており、その1人は亡命を求めてアメリカに逃げてきた。フランクは、このイゴール・ミルキンのキャラクターを彼がどこに来たのかに戻して詰め込んだのですが、ロシアの経済破綻が懸念されている顧問によって断念されています。現時点では、それは待っていると参照してください。

 

 

 

 

それとも、ペトロフが連邦議会の後でベルを彼に渡すまで。フランクは、後者が裁判を受ける限り、救済措置とミルキンの両方を提供している。ペトロフはラットのにおいをしている、エネルギー価格を引き上げようとしている。”迫害!”を叫ぶ。ミルキンは安全な場所に分泌され、フランクのレジャーに配備されます。これをスコアドローと呼んでいます。

 

 

 

 

クレアの母親エリザベスはヘザー・ダンバーの資金を調達しようとしているので、フランクは失い、クレアのキャリアはスタートすることができます。エリザベスはクレイアに連邦大統領宛に黒檀を着用しないようアドバイスしています。クレアは国家連合の住所のために黒檀を着用しています。クレアはエリザベスの前で喫煙に関する緊張しています。

 

 

 

 

クレアはエリザベスにリアンを守るお金を頼む。彼らはそれが誰のお金であるかについて主張する。エリザベスは彼女の娘を「そんなに失望」と呼び、彼女自身の衝撃的で完全な脱毛を暴露する。クレアは母親の下から家族の家を売ると脅しています。彼らが同意する唯一のことは、彼らがフランクをどれだけ憎んでいるかということですが、それは今のところまだ暗殺されています。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク