ドキドキ再婚ロマンス〜子どもが5人 韓国ドラマ ネタバレ36話 【ミジョンは子どもたちがいれば幸せだと信じている!】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ドキドキ再婚ロマンス〜子どもが5人 韓国ドラマ ネタバレ35話はこちら

 

 

 

ウー・ヤングは父親を尊敬しているのは、今は母親がサンテ、ウジュ、ウリ、スー、ビンを誰も持っていないからです。

 

 

 

ミジョンは、彼女の子供たちがすべて一緒にいるならば、彼女が心を変えてくれるようにと頼んで、幸せになれると指摘します。彼の姉妹はまた、再考するように彼に頼んで、彼はまずお父さんと話をすることを約束します。

 

 

 

2人の同級生として、ウー・ヤング&スーは家族として恥ずかしいと感じます。スーはお父さんが再婚するのがうれしいですが、彼は一緒に住むことに反対しているので、彼は祖父母と一緒に生き続けるでしょう。

 

 

 

彼の子供と彼の結婚は結婚しているとの声が分かれることはありませんので、彼の決定を再考するよう頼みます。

 

 

 

予想どおり、ソー・ヤングは、母親が自分の病気や手術を隠すように強制していると非難します。なぜなら、彼女は妊娠しようとしているからです。

 

 

 

彼女は唯一の子供だから、彼女の母親のために孫を与えたい。チュールはショックを受けているようだが、彼女に真実を伝えることはできません。

 

 

 

ボウリングクラブの前で、ジンジュは雇い主から怒って電話をかけてキャンセルする必要があります。

 

 

 

ジン・ジュウの上司は、ジン・ジュウがそれを盗んだと非難して、彼女が受け取ったフィッシュケーキの欠けている箱があると不平を言います。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク