ダウントンアビー シーズン5 4話 ネタバレ 【ロバートがコーラの芸術を侮辱】

スポンサーリンク

 

 

前回:ダウントンアビー シーズン5 エピソード3はこちら

 

 

 

ロバートはコーラを軽視して、芸術に関する彼女の意見にとても興味を持っている質問によって、彼女の知性を侮辱しました。

 

 

 

他方、ブリッカーはコーラに対する彼の関心について開いていました。そして、それはロバートを自然に怒らせます。

 

 

 

私はロバートの誇りが最高になっているとまだ思います.

 

 

 

そして、彼が間違っていたと認めるまでコーラがロバートであるクマを突くためにブリッカーを利用する間、彼はあまりに嫉妬深いです。

 

 

 

実際、ロバートの誇りは、この時間の間に無くなっていました。彼が誰の前にでも立っている間、それが夕食客に対する議論を解決するためにデイジーとパットモアさんのためにどれくらい不快できまりが悪いかについて理解することができるようでなかったことが、私を悩ましました。

 

 

人の上に来てください!という場面は、ロバートがまだ、彼が人々に慣れている貴族であると我々に思い出させました。

 

 

 

 

私の大好きな場面は、イソベルとスミレの場面です。デュオは、スミレの年をとった彼氏クラーギン公爵に会いに行きました。

 

 

スミレが漏らしているより、より多くが2つの間で起こったことは、明らかです。

 

 

 

私がスミレが同じ文で故グランサム卿と愛に言及するのを覚えていることができるのはこれが初めてです。

 

 

 

彼がその一晩にロシアで彼女に見せた愛は、彼女が今日クラーギン公爵といない唯一の理由である場合があります。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク