ダウントンアビー シーズン6 6話 ネタバレ 【ダウントンの芸術と建築物は誰がつくったのか?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ダウントンアビー シーズン6 エピソード5はこちら

 

 

 

ロバートの部屋に忍び寄った男の子は、とても金持ちの誰かがなぜ居心地のよい家を買わないほうを選ぶかについて困惑しました。

 

 

同様に、エディスのツアーの見物人は家が居心地がよくない点に注意しました。そして、それは守勢に立ってエディスを配置します。

 

 

 

 

クローリー家と使用人は、見物人が「残り半分」がどのように生きるかについて見ることに興味を持っていると思いました。もちろん、誰でも、賞賛と嫉妬の火の粉がその関心の範囲内であると仮定しました。

 

 

 

むしろ、それは大部分は混乱とアカデミックな好奇心でした。まるでそれが一種の博物館であるように、人々は家により興味を持っていました。

 

 

 

ダウントンを見るために支払った人々は、主に芸術と建築について尋ねました。

 

 

 

誰が、これを造りましたか?それは、誰の絵をその壁に掛けていますか?

 

 

 

彼らにとってそれは歴史であり家ではありませんでした。ダウントンに入って、それが生きるのを見ることは、彼らのために過去に入るようでした。

 

 

メアリー。あなたとほとんどマスター・ジョージでないのは「より厳しい材料」でできている場合があります、しかし、それは時間の流れが法外に大きなお宅と時代遅れの生き方を流さないようにしません。

 

 

 

自宅開放も行うことは、訪れて、エディスの情人としてクローリー家に再会う理由をバーティぺラムに与えました。私は、バーティとエディスが本当に好きです。

 

 

 

特に特別な何も彼についてありません、しかし、彼は明らかにエディスを敬慕して、悪党でないので、それは彼をすでに大いに物語ります。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク