ダウントンアビー シーズン6 3話 ネタバレ 【クローリー家の将来が危ない!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ダウントンアビー シーズン6 エピソード2はこちら

 

 

 

 

バーティは素敵で十分な人のようです。

 

 

 

そして、彼は本当にエディスにいます。つまり、男性が、朝の早い時間まで、あなたに合うあなたの雑誌を用意しているロンドンで彼の夕方を過ごすと申し出ていることは、毎日でありません。特にあなたがエディスであるならば。

 

 

 

彼らのものがロマンチックな幸福への簡単な道でないのは確かです、しかし、この点で、エディスはそれに本当に値します。彼女は、このショーのほぼ他の誰よりもより、生き写しを経験しました。

 

 

 

 

バローはまだわずかな尊厳(彼自身の意志力の)とともにダウントンを去るために適当な新しい位置を見つけようとしていました。

 

 

 

バローの恐ろしい就職面接がそれほど信じられないほど憂鬱でないならば、彼らはほとんどおかしいでしょう。

 

 

 

まじめな話、この進行中の脇筋は、主に大きい家生き方が常に速く悪化している方法をハイライトするようになっているようです。

 
マイケル卿は必ずしも優しい古い仲間でありませんでした、しかし、そのスピーチには本当にまいりました。全くひどく悲しくて美しいものでした。

 

 

マイケル卿は、クローリー家の近い将来への気がかりな一見であると、私は確信しています。

 

 

 

孤独な年をとったマイケル卿のような否定の永久の状態に住んでいる代わりに、クローリー家が優雅に変わっている時代を黙認することを願っているだけです。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク