ダウントンアビー シーズン6 2話 ネタバレ 【ドリューがマリゴールドを強制的に誘拐!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:ダウントンアビー シーズン6 エピソード1はこちら

 

 

 

コーラ、ロバートとエディスは、メアリーの提案を内部的に叫んでいました。

 

 

 

メアリー(心底信じられないほど自己中心的な人であること)は、彼女の家族の明らかな不快と抵抗(または、単に気にかけませんでした)に気がつきませんでした。

 

 

 

メアリーはマリゴールドがエディスとグレッグソンの生物学的子供であるということを知らない肉親のただ一人のメンバーであるのでした。メアリーの心において、彼女は明らかな親切をドレベスにしていました。

 

 

 

それのためのメアリーへの信用。一方、マリゴールドはエディスの娘です。そして、「いいえ、おねえさん、マリゴールドは農場へ行く予定になっていません。」と、エディスはちょうど今言うことが本当にできなければなりませんでした。

 

 

 

しかし、ドラマの理由でメアリーが並みはずれた感覚が明らかにあるので、彼女がロンドンに行って、アパートを賃借するか、自分自身そこに動くかどうかについて考え続ける間、エディスは彼女の娘がドレベスにメアリーに同行するのを許しました。

 

 

 

その時マリゴールドが終わっていて、彼女が自分のものとして引き上げた女の子を見てばらばらになる間、ドリューは予想外に現れました。

 

 

 

ドリューは、家畜ショーからマリゴールドを衝動的に誘拐しました。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク