ダウントンアビー シーズン6 1話 ネタバレ 【べヴァンに恐喝されたメアリーはどうする!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:ダウントンアビー シーズン5 エピソード9はこちら

 

 

 

ハントに関して出発している間、メアリーは信じられないほど気難しい様子のべヴァンを見つけました。

 

 

 

それは、すぐに明らかに、トラブルになったということでした。

 

 

 

べヴァンは、ぐずぐずしていませんでした。ハントの後メアリーに立ち向かって、彼女はすぐに仕事にかかりました。そして、彼女がメアリーとギリンガム卿がその前年彼らの密会をしたホテルにいたと彼女に話しました。

 

 

 

結局、娘が必ずしもメアリーなしでスキャンダルの脅威からブラシをかけなかった最年長のクローリーはまだメアリーです。そして、彼女はスキャンダルの中心にいることが好きでないと偽ることは柄になくて陰険でした。

 

 

 

そのようなもにもかかわらず、彼女は、要求に降伏するよりはむしろ、汚いべヴァンを脅威で進んで、真実を明らかにさせる用意ができていました。幸運にも、それはロバートが彼女に、通常通り、後退させたようになりませんでした。

 

 

 

べヴァンをなんとかして、彼女がより多くのお金のために後ろにすべって来なかったと保証するグランサム卿の計画は、非常にスマートでした。

 

 

 

ロバートは時折腹立たしいです、しかし、私の大好きなロバートは狡猾なロバートです。

 

 

 

一方、ベイツ家は大部分のいいように使われたダウントンのペアの賞を獲得し続けました。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

 

スポンサーリンク