シカゴメッド シーズン2 21話 ネタバレ 【チャールズはロビンを強制的に精神病棟へ!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:シカゴメッド シーズン2 20話はこちら

 

 

 

ロビンは、これらの過去2回のエピソードをフォローアップし、精神医学的評価を受けました。皆さんが覚えているように、彼女はそこにいなかったことを聞いていました。そして先週、チャールズ博士は彼女に医者を見てもらうように頼んで、彼女をチェックアウトさせました。

 

 

 

 

コナーとチャールズ博士は間違いなく彼女に心配していますが、彼女は自分が大丈夫であることと彼女自身が大丈夫であることの両方を保証し続けています。

 

 

 

 

チャールズ博士は、しかし、それを行かせることはできませんので、彼はリースに彼女の評価を行う居住者になるためにいくつかの文字列を引き出します。彼女は最初はそれを名誉として受け取りますが、彼女が生徒であり、その方法で娘の事件にアクセスできるようにしたことをすぐに理解することができます。

 

 

 

 

私たちはロビンの評価の多くを見ていませんが、チャールズ博士の見解や、彼女が彼女のことについてますます心配しています。

 

 

 

だから彼はシステムのロビンについての学生のメモにアクセスしようとしますが、リースはまだ何も投稿していません。彼女は何とか彼から何かを守ろうとしていると思って、ロビンとコーヒーを飲みに会い、彼女は一日の終わりまでには良いと言われると、パニックに陥ります。

 

 

 

 

彼はうまくいかないと分かっており、できるだけ世話をするために何かをする必要があります。だから、彼は可能な限り最悪のことをします。彼は鍵を盗み、許可なく彼女のアパートに行きます。

 

 

 

 

彼がそこに着くと、彼は恐ろしい光景に出会った。どこにもラットトラップがあり、ロビンは基本的に彼女の壁に齧歯類を見つけようと努力して彼女のアパートを破壊しました。

 

 

 

 

物事は彼が思ったよりも悪いので、彼はメッドに戻り、娘を強制的に精神病棟にチェックインさせる。

 

 

 

 

なぜ彼がそれをしたのか理解できますが、彼はそれについてすべて間違っていました。リースが彼に直面するとき、彼女は怒っている。

 

 

 

 

彼女はロビンと進歩を遂げていて、自発的に自分自身をチェックするようにほとんど確信していましたが、チャールズ博士は彼女の仕事を信じていなかったし、彼女の後ろに立ち、彼女がしたすべての仕事を台無しにしました。

 

 

 

 

チャールズ博士がカフェテリアに座っている最後のシーンは、彼が子供を助けようとしていて、すべてを悪化させただけなので、ちょうど悲惨です。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク