グリム シーズン6 11話 ネタバレ 【アダランドがニックとイブを助ける!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:グリム シーズン6 10話はこちら

 

 

 

イブは鏡を通って他の世界に行きました。ロザリーとモンローは彼らが家に帰って、覆われた鏡の上の血を見たら見つけます。彼らはまた、彼女がテーブルの上で開いた本を見ます。ロザリーはニックに電話し、何が起こったかを彼に伝えます。

 

 

 

彼とアダランドは家に向かって急いでいる。彼は彼とモンローが見つけた棒を持ってきます。彼らがそこに着くと、彼らはイブを元に戻すためにできることについて話し合っています。

 

 

 

アダランドは本を手に入れ、イブが渡ってきた呪文を見つけます。彼女とニックは、ヘキシンバイ人だけが自分の血を使って交差することができるので、交差しようとしていると主張する。彼はおそらく行くことができないでしょう。

 

 

 

イブは、ヴェーゼンの獣がお互いを殺していて、基本的に野生のまま走っている土地を発見しました。彼らが殺されるとき、彼らは彼らの人間の形に戻らない。彼女は頭蓋骨の怪物を探すために離陸する。モンスターはツェストラーであるが、サタンは人間によって使用される用語であろう。

 

 

 

彼らは、ポータルを開いて通過する別の方法を見つけようとします。アダランドは彼女の血を使いたいと思っていますが、ニックは彼女がそれを試してはいけないと断言しています。アダランドは考えるべき2人の子供がいるので、ロザリーは彼と同意する。

 

 

 

ニックは棒をつかみ、それを鏡に当てます。ポータルが開き、彼は他の人を見ます。モンローは彼と一緒に行こうとしますが、ロザリーは彼を止め、ニックもやめます。ニックは鏡の中を歩き、反対側で起きる。

 

 

 

 

ニックが鏡の中を歩いていくと、スティックが床に落ちます。モンローはその布を拾い上げるために使います。彼、ロザリー、アダランドは、ニックとイブを取り戻し、そのモンスターを倒す方法について話し始める。

 

 

 

アダランドは、レナードがシンボルとトンネルを知っているという事実に基づいてそれらを埋める。彼女はすでにシンボルについていくつかのことを話している友人がいるので、トンネルを見せてもらうと助けてくれると思っています。

 

 

 

彼は友人に連絡し、もしそうであれば彼が知っていることを分かち合うかもしれない。ハンクとウーはレナードがそこにいるという考えが好きではなく、彼が彼らを助けるとは思わない。

 

 

 

レナードが現れ、トンネルが見えます。彼は彼の友人から知っていることを分かち合う。彼は彼女に連絡し、彼女は彼らにモンスターについてのより多くの情報を提供し、ダイアナが何が起こっているかにどのように結びついているかを伝えます。

 

 

 

彼女はたぶんシャパット(子供の花嫁)。そういうわけで、モンスターが彼らの次元に来ているのです。彼は彼の花嫁を探していて、ダイアナは彼が来る人です。レナードはそれは起こらないと言います。友人はモンスターを殺す方法を知らない。彼女は彼らに最高のものを準備するように伝えます。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク