クイーンメアリーシーズン3 7話 ネタバレ【メアリーは服従について恐ろしい真実を知る】

スポンサーリンク

 

前回:クイーンメアリーシーズン3エピソード6のネタバレはこちら

 

 

ドンカルロス皇太子のフランス裁判所訪問は単なる偶然ではない。

 

明らかに、スペイン王族はフランスを彼の王国に合併させるための政治的使命の一つであり、これを行う方法は最近亡くなったフランソワ王の未亡人と結婚することです。

 

 

この計画はキャサリンがスコットランドの女王が再婚することを強要することがプロモーションビデオでも明らかにされています。

 

義母は、婚約者が彼女の手にとって最も合う候補者であると考えています。

ドンカルロス皇太子はスペインはヨーロッパ最大の権力だと彼女はマリアに伝えました。

 

 

彼女が彼と結婚することに同意する前に、メアリーは暗い秘密を保持しています。

 

彼女の救助に来るのは、再びこの非常に重大な状況をどう扱うかについてのメアリーのアドバイスを求めるキャサリンです。

 

別の話では、エリザベス女王は英国の裁判所からメアリーを訪問するために誰かを送ってきます。

ギデオンはマリヤを殺して彼女の治世を終わらせるためにエリザベスによって送られた暗殺者になるかもしれないと思う人もいます。

 

その間に殺人犯を追跡するバッシュの探求はバーにいる怪しい人に直面します。

 

この人は誰なのでしょうか。

 

→次回のネタバレはこちら

 

 

 

 

 

スポンサーリンク