クイーンメアリーシーズン3 6話 ネタバレ【フランソワ消える!メアリーはキャサリンと手を結ぶことになる】

スポンサーリンク

 

前回:クイーンメアリーシーズン3エピソード5のネタバレはこちら

 

 

メアリーは、クイーンメアリー第6話「フライト・オブ・フライト」の予告で悲しみを続けなければいけないようになっています。

新たな課題がまた発生するのです。
エピソードによると、メアリーはスコットランドとの提携を傷つける可能性はあるもののキャサリンを援助しなければならないことを理解しています。

 

次の王の将来を保証するために母親が目標を達成するまで、メアリーはフランスに留まることが夫の最後の願いでした。

 

先週のエピソードでは、フランシスがついに彼の死を迎えたときとてもショックでした。

 

しかしその死はフランシスの驚くべき復活の瞬間、その命は魔女デルフィネの手に渡ってファンダンにとって大きな打撃を与えたのです。
メアリーは、彼女の儀式が彼女の病気の母親、マリー・ド・ギーズをフランシスコの場所で主張していた。

 

彼の死は、ナルシスとキャサリンの間の宮廷での権力争いを動かす。彼の野心が再び目覚めようとしていることから、摂政(幼帝・女帝に代わってすべての政務をとった職)が近づいていることとナルシッセとの関係が花開く様子です。

 

このことはエリザベス女王とメアリーの間の競争の扉を開かせます。

 

エリザベスはスコットランドの支配権を獲得し、スコットランドの未亡人の女王を奪取するという考えをもつのです。
フランシスの死はエリザベスを脅かすものになります。
なぜなら次の人と結婚することによって争いが生じてしまうからです。

彼女は政治的結婚をしなければならないから、エリザベスをさらに危険にさらすことになるというのです。

 

 

 

 

 

 

 

続き:クイーンメアリーシーズン3エピソード7のネタバレはこちら

 

スポンサーリンク