クイーンメアリーシーズン3 2話 ネタバレ【シノプシスは危機に瀕しているキャサリンとエリザベスの計画を脅かす。メアリーとフランソワが愛し始める】

スポンサーリンク

 

クイーンメアリーシーズン3エピソード1のネタバレはこちら

 

クイーンメアリー シーズン3のエピソード2は海外版の題名は「Betrothed」と題されています。これを日本語で直訳すると「婚約者」という意味です。

 

エリザベス女王とキャサリン・デ・メディチ同盟の反乱を示しています。

 

キャサリンの人生は彼女が戻ってフランスにもたらされるように任意の容易ではありません。

 

前の女王はすぐに彼女の息子の領域に足を踏み入れると投獄されてしまうのです。

 

エリザベス1世の政治的反発は終わりを迎えます。

 

他の王室の登場人物の人生は容易ではありません。

 

 

メアリーは、スコットランドの未来を確保するという難しい決断を強いられ、
ロラはナルシスの気持ちに矛盾させられてしまうのです」

 

フランシスの母親は辛い人生を味あわさせれしまうのです。

 

彼女を刑務所の中で貧しい服装で表し示されています。

 

色々な写真では、彼女は彼女の息子に彼女の処罰を考え直すように頼んでいるように見えます。

 

しかし、キャサリンが乱暴になり、メアリーとフランシスはうまくいっているようです。

 

メアリーの難しい決断ににもかかわらず、王妃の夫婦は恋に落ちているようだ。

 

この愛の多くは、3番目のエピソード「Extreme Measures」(日本訳「極端な手段を取る.」)により多くの写真に描かれています。

 

 

クイーンメアリー公式の概要では、2人はフランシスの遺産を奪うために力を合わせると書いてあります。

 

フランスの王は日に日に弱くなり、彼の妻はこの弱点を隠すためにできることすべてをやらなければなりません。

絶望的な時が切迫した措置を求めているので、スコットランドの女王は「考えられない味方」をつけます。この味方とは一体誰なのでしょうか。

 

 

クイーンメアリーシーズン3 エピソード2 ネタバレ

 

クイーンメアリーシーズン3

カトリーヌ・ド・メディシスとエリザベス女王の同盟は、シーズン3危険にさらされ、両方の女王を残しました。

 

そのエピソードでは、エリザベスは彼女がフランスに戻ってくると投獄されたキャサリンを収容する政治的な結果に耐えなければなりません。

 

一方、スコットランドの将来は、いくつかの困難があります。

 

女王スコットランドのメアリー・スチュアートは危機に瀕して可能性があります。

 

シノプシスでは、ステファン・ナルシスのロラの感情が、彼女に第二の考えを持たせることも明らかになっています。

 

 

 

クイーンメアリーシーズン3エピソード3をお楽しみに!

 

クイーンメアリーシーズン3エピソード3のネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク