クイーンメアリーシーズン3 11話 ネタバレ【再び殺人者が襲ってくる!?】

スポンサーリンク

 

 

前回:クイーンメアリーシーズン3エピソード10のネタバレはこちら

 

彼女の息子のチャールズの戴冠式の計画を立てるキャサリンとのエピソードが始まりました。お金を追跡している計画は、フランスのコストをあまりにも犠牲にするだろうと考えています。

 

 

王の警備員は、城の殺人者が城のトンネルで体を隠していることを学びます。

 

 

メアリーは、ギデオンの娘との絆を助けることに決めました。彼女は祭りで彼らと一緒にいる間、彼女は女の子の母と間違っています。

 

 

娘はまた、彼女が怖がっていることをメアリーに明らかにします。エリザベスは彼女をもう一度父親から引き離そうとしている。メアリーは彼女の父親が彼女の最大の保護者であることを少女に保証します。

 

 

エリザベスは、以前のエピソードで中毒から戻った後、すぐにローラの部屋に向かう。彼女は最終的に、ローラーが裁判所に来て、メアリーについてもっと学ぶことができるようにしたいと明言しました。

 

 

ローラーがエリザベスに何かを伝えたくないとき、エリザベスはローラーのドレスに火をつけて彼女にとどまると言います。

 

 

城の殺人者が再び襲う。これは、貴族と君主の両方が城を離れ、彼らの人生を恐れていることにつながります。

 

 

ローラーは、召使いの助けを借りて、ウィリアムがエリザベス女王の気持ちを知っていることを学びます。ローラーはエリザベスに、女性ウィリアムの寝床に「エリザベス」と呼んで赤いかつらを着用させることを目撃したと伝えている。

 

 

これは、エリザベス女王がウィリアム王が自分の赤ん坊を殺すために彼女を毒殺した人であることを知った時です。

 

 

彼は彼が彼女を愛しているので、彼の王位を守るために彼がしたと主張する。

 

 

バッシュとクリストフが城の殺人犯に挑戦したとき、バッシュとクリストフが彼を倒す前に良い戦いをしている肉屋にそれらの手がかりを導く。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

スポンサーリンク