クイーンメアリーシーズン3 10話 ネタバレ【メアリーがフランス裁判所からキャサリンを!?】

スポンサーリンク

 

 

前回:クイーンメアリーシーズン3エピソード10ネタバレはこちら

 

ドン・カルロスは、彼が興味を持っていることが発見された後、ベッドチャームから逃げたにもかかわらず、まだ生きています。

 

 

メアリーとキャサリンはメアリーとキャサリンを離れ、その実現の余波に対処しました。そして、もっと重要なことは、ドン・カルロスが落ちた後、元気に戻っていくことです。

 

 

王子はまだ完全に森の外ではありませんが、メアリーは自分の本能があっても、結婚することを余儀なくされるかもしれないことを完全に理解しています。結局、これはスコットランドについてのことです。これはメアリーについてのものではありません。

 

 

もちろん、これは統治であり、愛の三角形はこのショーの魅力の一部です。シーズンの後半にメアリーが1人になれないとは思わないでください。実際、若い女王がエリザベス女王のスパイの1人であるギデオンと火花を見つける可能性があります。

 

 

一方、キャサリンは彼女が後期王フランソワを毒殺したことが明らかになった後、彼女自身の問題に取り組んでいる。それがキャサリンが直面している唯一の問題ではありません。

 

 

ローラは、メアリーが実際にフランスの裁判所からキャサリンを取り除こうと計画がナルシスを容疑していることを知ります。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク