クイーンズ・オブ・ザ・サウス シーズン1 11話 ネタバレ 【テレサがコカイン4kgを盗んだ相手とは!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:クイーンズ・オブ・ザ・サウス シーズン1 10話はこちら

 

 

 

テレサはカミラにビジネスから外れたいと言うが、カミラは彼女を離れることを拒否する。

 

 

 

ジェームズはバードマンを殺す準備をしている。カミラは、彼女を引き抜く許可を得ていないので報復があることを知っている。彼女はプライベートジェットに乗っている間、誰もが倉庫から出ています。

 

 

 

 

テレサはカミーラから4キロのコカインを盗み、弁護士に売却し、彼女、ブレンダ、トニーの法的手続きを開始する。

 

 

 

ブレンダはジャーナルを理解しようとしますが、コードを壊すことはできません。テレサはブレンダをバードマンに送り、ジャーナルを売る。彼女は1ページを持って来る。

 

 

 

ヒメネス・カルテルは、エピファニオを一列に保つためにそれを使う計画だが、彼が本全体を買う前に、ジェイムズは彼を殺す。ブレンダは背中を使い果たします。ジェームズはジャーナルからそのページを見つけましたが、それについてカミラには言いません。

 

 

 

インタビューの最中、エピファニオはエピファニオのサプライハウスの2人で全員を殺してバードマンの殺人に復讐したように。

 

 

 

カミーラはジメネスのカルテルの頭にまっすぐ進み、バードマンを殺して彼女を殺すことができると言いますが、それ以上のことは間違いありません。カミーラはコロラド州のスーパーマックスに移籍する前に上級副官を刑務所から救出するよう提案している。それから彼女はバルガスのカルテルを乗り越える予定で、一緒に仕事をしたいと考えています。

 

 

 

 

テレサとブレンダはジャーナルが座標で満たされていることを理解します。彼らはエピファニオが彼のお金を洗うのに使う場所かもしれないと思う。彼らはトンネルを通ってメキシコに向かい、ブレイダのいとこのビクターと会い、トニーを祖母に連れて行き、テレサとブレンダはジャーナルを使って自由を得る。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク