クイーンズ・オブ・ザ・サウス シーズン1 10話 ネタバレ 【カミラのビジネスは危険だらけ!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:クイーンズ・オブ・ザ・サウス シーズン1 9話はこちら

 

 

 

カミーラはバードマンとの小さな試合でプレーすることになった。彼女は彼女が彼の後に設定した男を避けるために管理し、彼は何が起こったかについて彼のより強力な友人に知らせるまだ彼女がコミットした犯罪のために彼をフレーミングすることによって彼を殺そうとしていた。

 

 

 

だから今カミラは、 “南の女王”のエピソードで、ライバルのカルテルとの同盟関係を崩そうとしたことはよく知られていたし、なんらかの理由で夫のエピファニオが物事が悪化する前に介入すべきだと思った。

 

 
エピファニオはシナロアの自由主権国家のために走っていたので、彼は家族を巻き込んだカルテル戦争を余儀なくされなかったようだ。そして、明らかに、カミラが落下して傷つくことを望んでいない理由についての感情的な理由もあった。彼は、カミラの死を娘に説明する必要はないと言いました。

 

 
しかし、カミーラに直接会うように命じるのは、起こると思われるものだった。だからカミラはエピファノと会う計画を立てましたが、彼女はビジネスを続けていくように彼女の人々に言いました。

 

 

 

ジェームズから聞いた2番目のことを知らせるように彼らに求めました。ジェームズはまだメイドを探していたので、誰も彼を引き離そうとは思っていませんでした。なぜなら、マリアがメキシコに逃げ出したのは、テレサと同じように。

 

 
テレサは、無実の女性が何かのために死ぬことを望んでいないので、彼女は彼女をメキシコに連れて行く方法を見つけて、家族と一緒に彼女を去らせようとしていました。

 

 
とにかくそれはとにかく計画だったが、テレサはマリア・サンチェスの家族に恨みを抱いていなかった。メキシコのマリアの家族はテレサからの回答を求めていた。彼女は誰のために働くのですか、なぜマリアの後に来るのですか?

 

 
だから彼らはテレーサの人質を取ってその答えを取り出すことになってしまいました。彼らを得るにもかかわらず、彼らは本当に彼女を離そうとはしませんでした。

 

 

 

マリアの家族は残念なことに、家族の死で終わったカルテルでいくつかの歴史を持っていたので、彼らは彼女の上司に戻ってマリアに起こったことを言われて怖かったので、テレサに行くことを望まない。しかし、最初はマリアを守るために彼女の上司を裏切ったので、オッズは見られなかった。

 

 
マリアの家族は、テレサが他の人のようではなかったと信じることを断った。彼らは、テレサがバルガス・カルテルの他の誰かによって見つけられたので、彼女を殺したがっているならば、圧力を受けて壊れてしまうと思っただけです。

 

 

 

しかし、マリアとその息子は、それが間違っているのを見ました。彼らはテレサが彼らを助けたと説明したが、マリアの父親はまだ彼の息子に何が起こったかについてまだ苦いと思われたが、彼女は死ぬべきではないと説明した。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク