エージェントオブシールド シーズン4 21話 ネタバレ 【コールソンは捕獲したインヒューマンを研究する!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:エージェントオブシールド シーズン4 20話はこちら

 

 

 

スーペリアの石油プラットフォームの下に隠された土台で、スーペリアルはダークホールを読みます。彼はアイダが消えるのを見ます。メイとコールソンは、アイダがフレームワークで、ヒドラによって捕獲されたインヒューマンを研究し、彼女の人体に彼らの力を与えているに違いないことを示している。

 

 

 

優れた攻撃と、彼が弾丸の傷を無視したときに彼がロボットであることを発見すると、コールソンはスーペリアのロボットの頭蓋骨の中の硬い光の盾を実現させ、彼を無効にする。複数の優秀なロボットがホールでそれらを待っています。コールソンのキャッチは、彼女がフレームワークにいる間に何が起こったのかを知ることができます。

 

 

 

 

ゼファーワンはまだ襲撃中です。SHIELDチームは、カイカイが走る前にゼフィアの武器をオンラインに戻して敵を空から爆破させる。

 

 

 

アイダはフィッツをビーチに連れて初めて人間であるという気持ちを体験しています。アイダはフレームワークの中で彼女のプログラミングによって奴隷にされ、フィッツが自分の選択をしたと言って、彼女の行動を正当化しようとする。アイダはフレームワークのアカデミーで授業初日にフィッツに会ったので、フィッツと会った。彼女は遠くにテレポートします。

 

 

 

 

デイジーとヨーヨーはフィッツを論じている。デイジーは希望について説明します。ヨヨはフレームワークに戻ってマックを手に入れたいと思っていますが、デイジーは彼女が現実世界でマックを見つけてそこで彼を守ることがより重要であると彼女に伝えます。

 

 

 

 

コールソンとメイのLMDの間で起こったことの厄介な主題に彼らの状況をまとめ、触れようとします。コールソンは嘘をついて、彼女にLMDが彼を殺そうとしたことを伝えます。

 

 

 

 

ゼファーのSHIE LDエージェントは、地面に何が起きているのかをデイジーとシモンズに伝えます。タルボットは、ベースで爆発の原因となったテロリストとして、SHIELDというラベルを付けている。

 

 

 

 

フィッツは彼女が共感しているかどうかをアイダに尋ねる。アイダは彼女がフィッツや他のみんなを幸せにするようにプログラムされていたと説明しています。彼女はその後、スーペリアを覚えていて心配になります。

 

 

 

 

2人の上司が攻撃し、エピネフリンを服用したメイまでに会った。コールソンはそれらの1つを水たまりの中に踏み込んで餌をつけてから、水の上に開いた電線を落としてロボットを止めます。ほとんどの人が死ぬ前にハンマーで死に至るかもしれない。

 

 

 

彼らはなぜロボットがベースにあふれていないのか疑問に思います。一方、スーペリアと彼の隊員は、逃げようとしている拠点で爆発しています。水が底に氾濫し始める。コールソンはメイを表面に戻し、マックに戻す予定です。

 

→次回ネタバレはこちら

スポンサーリンク