エージェントオブシールド シーズン3 9話 ネタバレ 【コールソンが意識不明の重体!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:エージェントオブシールド シーズン3 8話はこちら

 

 

 

ロザリンドの2番目の指揮官であるバンクスは、ヒドラを止めるためのシールドに加わるが、フィッツとシモンズを捕虜にしたギテラの手にすばやく処分されます。

 

 

 

ウォードとマリックは、シモンズを救助するためにポータルをどのように開いたかを発見するために、2人のエージェントを拷問する予定です。

 

 

 

その間に、コールソンは彼のエージェントのすべてを尋問し、ウォードを止める方法を見つけようとします。

 

 

 

彼のディレクターのタイトルをマックに渡し、ボビーとハンターを連れてウォードを殺すようにしています。

 

 

 

 

このエピソードは、ウォード、フィッツ、そして外国人の世界に向かうヒドラの兵士のチームで最高潮に達します。

 

 

 

彼らはコールソンに囲まれ、チームは下から撃たれます。マリックは、ワードがヒドラの大軍と一緒に戻ってくるために、12時間後にそれを開く予定です。

 

 

 

スティンガーのシーンでは、ヒドラチームがフィッツと一緒に遠くに何かを見つめながら、青い夜の夜の世界に砂嵐を突きつけてショーケースを展示します。

 

 

 

彼らの後ろに、コールソンはピークの頂上に当たって丘を転がり、岩の上で頭を割って意識不明になります。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

 

スポンサーリンク