エージェントオブシールド シーズン3 6話 ネタバレ 【ウォードがフォンを拷問して殺害した!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:エージェントオブシールド シーズン3 5話はこちら

 

 

 

ガーナーはシールドに戻って手術を受けたが、残りのチームは分裂しました。

 

 

 

ウォードにハンターを取り替えるために、ボビー・モールスがまだ復活しています。彼女の前夫の死の後に元気を回復され、ボビーをケイマン諸島に連れて行き、ヴェルナー・フォン・ストラッカーを追い抜きます。

 

 

 

一方、ハンターはマッシュとデイジーとチームを組んで、ラッシュの検索を続け、ATCU内で作業しているという説から始まります。

 

 

 

彼らの主な容疑者は、ロザリンドの第2の指揮官だが、それは行き詰まりになります。彼らはATCU施設に向かい、ロザリンドとコールソンがスタジオでインヒューマンを見ているのを目撃します。

 

 

 

コールソンはATCUの方法についてロザリンドに話しているが、癌に倒れた夫のためにできなかったインヒューマンズを「治療する」という彼女の望みを関連付けています。

 

 

 

しかし、ATCUよりも私があまり関心を持っていないのはウォードのヒドラ 2.0だけです。

 

 

 

彼の予告編に載っている誰もが、フォンはあまりにも多くを知っているので、フォンを削除する必要があると判断します。ウォードは、他の誰もが恐れていたギデオンの助けを借りて、ヒドラのメンバーに電話をかけます。

 

 

 

マリックは、フォンの所在を、ウォードが彼の忠誠を覚えている時に来るのを覚えています。

 

 

 

 

 

フォンがウォードのよって拷問されて死に絶えた後、ボビーはワードの2番手のケボに派遣され、彼女は戻ってフルフィールド・デューティの準備ができていることを示します。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク