エージェントオブシールド シーズン3 4話 ネタバレ 【シモンズがPTSDの症状でヤバイことになった!?】

スポンサーリンク

 

 

 

前回:エージェントオブシールド シーズン3 3話はこちら

 

 

 

 

まず、ロサリンドとフィル・コウルンの間のロマンチックな口論は、あまりにも注目を集めているように感じます。

 

 

 

ATCUはコールソンとの戦いとまったく同じような日陰の組織のようですが、シールドのディレクターは、終わりの手段であると見せかけてアクセスを続けています。

 

 

 

デイジーはコールソンに彼らの仕事が終わっているディレクターに直接質問しますがディレクターは答えられません。

 

 

 

ここで問題となっているのは、昨シーズンのシールドのように、両方のグループが同じように戦っているが、どちらも異なる方法で戦っているということです。

 

 

 

2つのグループは、彼のような他の人を殺しているインヒューマンズのラッシュという名前の跡にあります。

 

 

 

エピソードを通じて、彼は自分自身を必要な悪と見なすが、彼の死の扱いの方法は誰にも受け入れられないことを知ります。

 

 

 

 

それでも、デイジーは、自分が人間に変身できるということを理論化しているので、モンスターで何か良いものを見つけることができます。

 

 

 

 

インヒューマンズのデイジーの露骨な受け入れは、少し誤解され、過度に理想主義的で、誰かが殺されるように拘束されているようです。

 

 

 

また、ウォードと彼の新しいヒドラには多くの注意があります。

 

 

 

新しいヒドラの「ディレクター」は、組織を目立たせるためにすべてをやっているようだが、何とか彼らはハンターに簡単に浸透させるのです。

 

 

 

昨シーズンのボビー戦での復讐でハンターがコールソンに警告するためにシールドに戻ったときは、以前のシールドのチームメイトとの対決に間に合うように何とか彼の側に戻りました。

 

 

 

 

最も興味深いのは、シモンズがエイリアンの惑星にいたときに起こったことでした。彼女は2つのエピソードを前に救出されたが、戻って以来PTSDの兆候を見せています。

 

 

 

彼女は先回ボビーに彼女が外国人の惑星に戻る必要があると感じたことを信じましたが、それでもなぜそれがわかりません。

 

 

 

フィッツはシモンズの研究のいくつかを発見し、ボビーは両方の科学者に彼らがお互いに完璧である理由を見せてくれるにもかかわらず、彼女を怒らせています。

 

 

 

エピソードはシモンズが最後にフィッツにエイリアンの世界で何が起こったのかを明らかにしれ終わります。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク