エージェントオブシールド シーズン3 2話 ネタバレ 【古代モノリスからシモンズを救うためアスガルド人に援助を!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:エージェントオブシールド シーズン3 1話はこちら

 

 

 

1839年にイングランドへのフラッシュバックで始まりました。インディジョーンズの冒険に似ており、先週の初演よりも今シーズンの勢いを増しています。

 

 

 

キャラクターの開発がいっぱいのチョックは、ヒドラと開発中のシークレット・ウォリアーズとの関係を含む、複数のストーリー・アークが第3シーズンに向かい、より良いアイデアを持っています。

 

 

 

もっと重要なのは、メリンダがどこにいたのか知​​っていて、最終的にジェマの運命に関する解決策を得ることです。

 

 

 

まず最初に、多くの人は、アスガルド人がトーナメントやレディサイフになることを理論化したとしましたが、代わりにピーターが教授として復帰しました。

 

 

 

何百年もの間地球上に住んでいた秘密のアスガルド人で、最初のシーズンに登場しました。

 

 

 

チームがモノリスとは何かを理解し、シモンズを救う方法を理解するためにもたらされたランドルフは、イギリスの放棄された城にエージェントを導き、古代の岩を液体の形に変えるように設計された機械で隠された部屋を見つけます。

 

 

 

ランドルフはシモンズを救助したらポータルを破壊し、シモンズとコールソンは容易に同意するという条件でチームを支援することに同意します。

 

 

 

チームはすぐにマシンをすばやく破壊しますが、デイジーがモノリスを液化する振動を生成していることを認識していないわけではありません。

 

 

 

もちろん、デイジーは衝撃波をコントロールできるので、マシンの効果を再現することは非常に貴重です。

 

 

 

短時間の間、フィッツは砂嵐の際に液体入り口に飛び込むことができます。

 

 

 

ケーブルに取り付けられたフィッツは、彼女が外来の惑星にいた数か月のうちに冒険していないのでシモンズを見つけ、モノリスが黒い塵に崩壊するのと同じように2人の科学者がそれを取り戻すことができます。

 

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク