エージェントオブシールド シーズン3 11話 ネタバレ 【ボビーとハンターが自分自身をインヒューマンに変えようと!?】

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回:エージェントオブシールド シーズン3 10話はこちら

 

 

 

 

コロンビアに移る前に、最近死亡したロザリンドの家で始まります。コールソンがシールドのディレクターを賞賛するが、組織を復活させるまでは行かないエリス大統領と会うのはそこにあります。

 

 

 

代わりに、エリスはACTUを前面に保ち、コールソンが影で動作し続けることを許可します。エピソードの終わりまでに、私たちはACTUの新しい顔がコールソンのフレンズ、グレン将軍になることを学びます。

 

 

 

 

コールソン自身はまだマクベスの外国人惑星でウォードを殺すドラマに取り組んでおり、ヒドラ攻撃の次の段階に彼のチームを導く準備を整えて、素早く素敵な新しい人間の手のロボットハンドを手に入れます。

 

 

 

フォン、コールソン、メイはギデオンを追跡して、2人の組織リーダー間が貧弱になります。

 

 

 

私たちは、マリックとギテラが復活したワードを扱っているのを見ています。彼の今、ハイブとして知られているエイリアンを保持しています。

 

 

 

エピソードのメインストーリーでは、デイジーとチームがコロンビアに向かい、地元の警察が目に見えないように見えるインヒューマンを扱っています。マックは、最終的にテリジェン改造魚を消費した後に変身したエレナと顔を合わせます。

 

 

 

テリジェンが大画面のマーベル・シネマティック・ユニバースに影響を与えることがわかっても、ボビーとハンターの両方が自分自身をインヒューマンに変えようと考えていることがわかりました。

 

 

 

どちらの場合でも、マックとジョーイはすぐにヨヨが悪人ではなく、実際にコロンビアの腐敗した警察を止めようとしていることに気づいています。マックはヨヨの信仰に共感し、彼女に力を入れてもらうよう説得します。

 

 

 

ヨヨとシールドの捜査官は、警官が目を使ってメデューサのような人を凍らせることができる自分の人間を使って、ボビーとハンターを連れて行くとテストに入ります。

 

 

 

このレスキューシーケンスをとてもクールにするのは、これがこのシリーズで紹介された最初の完全スーパーヒーロー中心のシーケンスであることです。デイジー、ジョーイ、リンカーン、ヨーヨー(そして悪役の勢力)の間で、私たちは最終的に私たちの多くが最初から期待していた小さな画面のマーベルシリーズを手に入れています。

 

 

 

結果は英雄には良いことですが、ヨヨは自宅にいることに決めました。チームはシークレットウォリアーズがチームを組むために必要なときに彼女に電話するために使用できるシールドウォッチを彼女に与えます。

 

 

 

シールドプレミア、シーズン、ミッドシーズンのほとんどのエージェントと同様に、このエピソードは多くの強力な要素を持っていますが、それ自体の利益のためにはあまりにも多くの物語に詰まっていると感じます。

 

 

→次回ネタバレはこちら

 

 

スポンサーリンク